目元のシミ、すぐに消したい!おすすめ化粧品早わかりランキング

「この人、私の目じゃなくて、目元のシミを見てるんじゃ…?」

 

目元のシミ

 

ふと鏡を見たとき、目元にシミがあるとしたら…とてもショックを受ける上、一気にテンションも下がってしまうでしょう。
シミはとても目立つので、メイクをしても完璧に隠すことはできません。

 

シミのことが気になってしまい、他人と目を合わせて話せないという人もいるかもしれませんね。
確かに、誰かと話していても「自分の目ではなく、目元のシミを見ているのでは?」と思ってしまいます。

 

とはいえ、シミ対策化粧品、美白化粧品にはたくさんの種類があるため、「どれを選べばいいのか分からない」という人もいるでしょう。
本当に効果があるのかどうかも分からないですし、肌に合わなかったら…となかなか踏み出せない気持ちも分かります。

 

そこでここでは、目元のシミにおすすめの評価の高い美白化粧品を紹介していきます。
おためしセットやトライアルセットを中心に紹介しますので、ぜひリーズナブルな価格で美白化粧品を試してみてください!

 

自分に合うものが見つからないと悩んでいる、美白化粧品ジプシーの方必見です!

 

では、早速おすすめランキングから見ていきましょう。

 

目元シミ化粧品

目元のシミを消す美容液・クリームおすすめランキング

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9の概要

見事1位に輝いたのは、ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9です。

ビーグレンはアメリカ発のサイエンスコスメで、独自の浸透テクノロジーで様々な肌トラブルを解決することができるもの。

美白効果のある化粧品の多くは、シミやそばかすを消すというよりも、むしろ新たなシミやそばかすを作らないためのものであることが多いですよね。

しかしビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、今あるシミにアプローチをすることができるのです!

どんなに良いもの、有効な成分が含まれているとしても、それが肌の奥にまで浸透しなければ意味がありません。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9は、そんな浸透率にまでこだわって作られた、まさに究極の美白化粧品だと言えるでしょう。
価格
1,800(税別)
評価
評価5
備考
7日間トライアルセット 送料無料
ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9の特徴

オッケー

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9の特徴といえば、なんといってもハイドロキノンが含まれていること。
ハイドロキノンは皮膚の漂白剤と言われるほど、美白効果の高い成分。
皮膚科で薬として処方されることもありますが、美白効果が高い反面刺激も強いことが難点です。

ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど美白効果も望めますが、その分刺激も強くなってしまいます。
ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノンの濃度は1.9%と低めであるにも関わらず、独自の浸透テクノロジー「キューソーム」によって浸透率をアップ!
できてしまったシミに対する効果は、圧倒的に高いと言えるでしょう。

ハイドロキノンをメインに、美白を追求した成分がたっぷりと含まれています。
他の美白化粧品ではシミが消えなかったという人にも、自信を持っておすすめできるクリームですよ!

SiBODY プラチナVCミルクの特徴

続いて2位にランクインしたのは、SiBODY(シーボディ)のプラチナVCミルク。
雑誌などではプラチナVCセラムが紹介されることが多いですが、美白といえば「プラチナVCミルク」の方です。

プラチナVCセラムは美容液ですが、プラチナVCミルクはクリーム。
美白成分がたっぷりと配合されたクリームで、シミに直接アプローチをしてくれます。
予防効果だけでなく、すでに悩みの種となっているシミへのアプローチができるのは評価すべき点でしょう。

SiBODYのキャッチコピーは「20代の頃のような潤い、透明感、輝きを取り戻す」。
年齢とともにくすみがちな肌、シミが目立つようになる肌に潤いを与え、内側から透明感が溢れる若々しいお肌を目指します。
価格
1,800(税別)
評価
評価4.5
備考
1週間トライアルセット 送料無料
SiBODY プラチナVCミルクの総評

オッケー

プラチナVCミルクは、乳液のようなテクスチャであるにも関わらず、保湿力や仕上がりはまるでクリームのよう。

美白効果の高い化粧品は保湿力が足りないイメージがありますが、プラチナVCミルクはプラセンタエキスやヒト型セラミド5種などの保湿成分もたっぷり含んでいます。
もちろん美白効果も抜群で、新安定型ハイドロキノンも配合。

1位のビーグレンと同様、美白効果の高いハイドロキノンによって、できてしまったシミにぐんぐんアプローチをしてくれますよ。
美白も保湿もしたい!という欲張りなあなたに、おすすめのアイテムです。

プラチナVCミルクは朝晩使える美白クリームですが、使用感は若干ベタつきが残るため、好き嫌いが別れるかなぁといった印象。
そのため、美白効果は高いですがランキングではビーグレンにわずか及ばず2位となりました!

【通常使用】サエルトライアルセット

サエル ホワイトニングクリームコンセントレートの特徴

いいね

3位にランクインしたのは、サエルのホワイトニングクリームコンセントレート。

サエルは、ディセンシアの美白化粧品のこと。

ディセンシアとはオルビスやポーラといった化粧品メーカーの、敏感肌専用ブランドとして展開しています。

目元のシミが気になる人は、敏感肌であることが多いのですが、敏感肌の人は自分に合う化粧品を探すのがとても大変。
しかしディセンシアなら敏感肌専用ブランドでもあるので、安心して使うことができますね。

敏感肌特有のシミのメカニズムに着目し、そのシミを薄くする、そして新しいシミを作らせないためのクリームになります。
価格
1,480(税込)
評価
評価4
備考
10日間トライアルセット 送料無料
サエル ホワイトニングクリームコンセントレートの総評

オッケー

サエルのホワイトニングクリームコンセントレートは、シミの原因となるチロシナーゼ酵素の働きを抑制し、メラニンの生成を抑制するアルブチン配合のクリーム。

さらに抗炎症成分としてグリチルリチン酸2Kも配合しています。

実は、シミの原因はチロシナーゼ酵素と炎症だけではありません。
ストレスも、立派なシミの原因となることが分かっています。

サエルのホワイトニングクリームコンセントレートは、ディセンシア独自の成分でもある、ストレスによるダメージをケアする「ストレスバリアコンプレックスCL」を配合。

なんと、ストレスによるシミもケアできるという優れもの!
現代社会では、ストレスを感じずに生活することなどできません。
ストレスは美肌の大敵と言いますが、シミも作ってしまうなんて…正直驚きですね。

美白有効成分、抗炎症成分に加えてアーティチョークなどの植物成分もたっぷりと配合し、美白効果は高いのに肌には優しいクリームとなりました。

美白化粧品は刺激が強くて使えない、合うものが見つからないと悩んでいた敏感肌の人は、サエルのホワイトニングクリームコンセントレートがおすすめですよ!

サンスター ホワイトロジーエッセンスの特徴

なかなか

4位にランクインしたのは、サンスターのホワイトロジーエッセンス。

オーラツーなどの歯みがき粉でお馴染みのサンスターが、およそ18年の歳月をかけて開発した美白化粧品になります。
医薬部外品なので、それだけでも美白効果が高そうな気がしますね。

ホワイトロジーエッセンスは、シミをもとから抑制することをモットーに作られた薬用美白美容液。

シミのもとになるメラニンは、チロシナーゼ酵素によって作られます。
ホワイトロジーエッセンスには、そんなチロシナーゼ酵素の分解を促進してメラニンの生成を抑えることのできる「リノレックS」を配合。

リノレックSはサンスター独自の成分であり、ただ配合しているだけではありません。
プラスチャージナノカプセルにより、効率良く肌に浸透できるようにしています。
価格
900(税別)
評価
評価3.5
備考
7日間モニターセット 送料無料
サンスター ホワイトロジーエッセンスの総評

オッケー

サンスターのホワイトロジーエッセンスには、美白有効成分のリノレックSに加え、抗炎症成分である「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合。

肌の炎症はシミのきっかけになるので、肌の炎症も抑えていきましょう。

ホワイトロジーエッセンスは美容液ですが、みなさんは美容液にどのようなイメージを持っていますか?
なんとなく、ベタつくイメージを持っていませんか?

しかしホワイトロジーエッセンスは美容液なのにさらっと馴染むので、ベタつきが苦手な人にも使いやすいと思います。

ただし、サンスターのホワイトロジーエッセンスは今あるシミを何とかするというより、どちらかというと「シミを予防する」効果の高いアイテム。
今あるシミにアプローチをかける成分はあまり配合されておらず、「今ある目元のシミを何とかしたいの!」という人には若干物足りない印象を受けたので、ランキングでは4位になりました。

選択式LP

HANAオーガニック ホワイトジェリーの特徴

なかなか

5位は、HANAオーガニックのホワイトジェリー。
100%オーガニック成分で作られており、化学成分は一切使っていないというこだわりぶり。

美白化粧品はどうしても多少は化学成分を使用してしまうものですが、HANAオーガニックのホワイトジェリーは完全無添加です。そのため妊娠中でも安心して使うことができますよ。

植物の力によって、自ら潤う肌を目指しましょう!

濃縮したローズと和漢植物の相乗効果で、
・女性ホルモンバランス
・酸化ダメージ対策
・美肌菌バランス
を整えていきます。

そもそも、なぜシミができてしまうかを知っていますか?

シミの根源は、シグナル伝達経路であるNF-kB(エヌエフカッパビー)のスイッチが常にオンになっていること。
様々な刺激によってスイッチがオンになるのですが、スイッチがオフになることがないためシミができてしまうのです。

HANAオーガニックのホワイトジェリーはそんなNF-kBにアプローチをかける朝鮮アザミを配合しているので、シミのできにくい肌に近づくことができるでしょう。
価格
1,480(税込)
評価
評価3.5
備考
7日間トライアルセット 送料無料
HANAオーガニック ホワイトジェリーの総評

オッケー

HANAオーガニックのホワイトジェリーの特徴は、なんといっても100%オーガニック成分で作られているということでしょう。

これは他の美白化粧品にはない、HANAオーガニックだけの特徴といえます。
和漢植物の美容成分だけでなく、6種類の精油によるアロマ作用も!

アロマには肌の調子を整える働きも期待できるので、まさに内側から肌を整えるアイテムだと言えるでしょう。
化学成分は使いたくない、天然植物の力を得たいという人は、HANAオーガニックのホワイトジェリーがおすすめです。

ただしできてしまったシミに対する効果は高くはなく、シミをなくしたい!という人にはちょっと足りないので、ランキングでは残念ながら5位という結果になりました。

 

目元のシミを消す美容液・クリームおすすめ1使用感レビュー

ランキング1位のビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9を実際に試してみました!

 

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

 

おすすめランキングで見事1位に輝いた、ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9。
私も実際に、目元のシミへ使用してみました!

 

ここでは、QuSomeホワイトクリーム1.9単品の使用感と、
これを含むおためしセットの使用感をレビューしたいと思います。

 

あくまでも私個人の感想ですが、参考にしてみてくださいね!

 

〈QuSomeホワイトクリーム1.9のレビュー〉

 

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

 

QuSomeホワイトクリーム1.9をチューブから出してみると、結構柔らかいクリームが出てきました。
硬くはなく、少量でもすーっと馴染んで浸透していきます。

 

浸透率に関しては、思わず「おぉ〜!」と言いたくなるほど。
しっとりとしていて、ピリピリせずに使うことができました。

 

手持ちの化粧水のあとにQuSomeホワイトクリーム1.9を使ってみたのですが、
これ1つだけではちょっと保湿力が足りないかなぁといった印象。

 

つっぱる感じなどはなく、時間が経ってもピリピリすることはありませんでした。

 

1週間ほど使用してみましたが、残念ながらシミが消えるということはなく、
若干シミが目立たなくなったかな?というくらい。

 

やはり、ホワイトクリーム単品、短期間の使用では大きな変化は望めないのも無理はないですね。

 

馴染みやすいので、違和感なく使えたのは良かったです。

 

〈ビーグレンホワイトケアおためしセットのレビュー〉

 

ビーグレンのホワイトケアおためしセット

 

ビーグレンのホワイトケアおためしセットを購入してみました。
これぞまさにサイエンスコスメという感じで、ミニサイズの化粧品がしっかりと収まっていました。

 

洗顔、化粧水、美容液、ホワイトクリーム1.9、保湿クリームという順番に使います。
洗顔は潤いが残るようになっているので、洗い流してもさっぱりした感じはありません。

 

泡立て不要なので、面倒くさがりな私にはぴったりでした。

 

化粧水と美容液は少々独特な香りがあるものの、肌に馴染みやすいので違和感はありません。
化粧水はさっぱり、美容液は濃厚な感じです。

 

美容液のあとは少しテカテカしますが、ハンドプレスをしているうちに肌に吸い付くようになってきます。

 

ビーグレンのホワイトケアおためしセット

 

どれもビーグレン独自の浸透テクノロジー、QuSomeを使用しているため、
他の化粧品よりも明らかに肌に浸透していく感じがしました。

 

ホワイトクリーム1.9も、単品で使ったときよりもライン使いしたときのほうが肌に馴染む感じがしましたね。
やはり土台となる肌に、しっかりと成分が浸透しているからかもしれません。

 

個人差はあるのでしょうが、私はおためしセットでライン使いしたほうが、シミへの効果を早く感じることができました!
特に保湿クリームは保湿力がとても高く、ホワイトクリーム1.9だけでは物足りないと感じていた保湿力を、しっかり補っているなと感じました!

 

【まとめ】

 

いかがでしたか?

 

目元のシミを消す化粧品の、おすすめランキングやその詳細などについて紹介しました。
ランキングや使用感はあくまでも個人の見解ではありますが、1つの参考にしてもらえたら幸いです。

 

美白化粧品はとても高価なものばかりですが、
まずはここで紹介したトライアルセットを試してみて、自分に合いそうなものを探してみてはいかがでしょうか。
自分のお肌に合うものを使うことが、目元のシミを消す一番の近道だと言えるでしょう。

「一番気になる肌の悩み」ナンバーワンは「シミ」

一番気にしている肌の悩み

 

そんな目元のシミがあると、どんなデメリットがあるのでしょうか。
目元のシミがあるデメリットや、シミを放置するリスクについて簡単にまとめてみました。

 

目元のシミがあるとどうなるの?

 

実年齢より老けて見える

 

目元のシミがあると、やはり見た目にかなり悪影響を与えます。

 

・実年齢より老けて見られる
・暗い印象を与えてしまう
・不健康そうに見られる

 

このような印象を、少なからず目元のシミのせいで他人に与えてしまっているのです。

 

見た目年齢の違い

 

女性にとって特に気になるのは、やはり「実年齢より老けて見られる」ということでしょう。
実際、目元にシミがあるのとないのとでは、見た目年齢は大きく変わります。

 

平均すると13歳近くも上に見られてしまうこともあるのだとか。
つまり、まだ30代でもシミのせいで50代に見られることがある、ということ。

 

女性にとって、これ以上の屈辱はありませんね。

 

目元のシミを放置するとどうなるの?

 

目元のシミを放置するとどうなる

 

目元にシミがあるからといって、すぐに何かしらの対策ができる人ばかりではありません。
メイクで隠せるくらいのシミであるなら、特に何もせずに放置してしまうこともあるでしょう。

 

しかし、シミを放置するのはおすすめできません。
シミを放置すると、今よりもシミが濃くなったり大きくなったりすることがあります。

 

すでに変色している(シミになっている)ところというのは、その他のところよりも紫外線を多く吸収してしまいます。
そのためさらにメラニンを生成してしまい、シミが大きく濃くなってしまうのです。

 

こうなると、セルフケアでシミをなくすのは難しく、レーザー治療などをしなければシミをなくすことはできません。

 

また、それだけでなく、もしかするとシミではなく病気である可能性も…。

 

シミと良く似たものには、

・表在型基底細胞癌
・悪性黒色腫
・固定薬疹
・ボーエン病

などがあります。

 

たかがシミだと思っても、病気の可能性もあるのです。
シミを放置するのは危険なので、できるだけ早く対策をしていくことをおすすめします。

【コラム】なぜシミは目元に集中して出来てしまうの?

年齢を重ねるにつれて、知らずしらずのうちに増えてしまっている顔のシミ。
その中でも最も気になる!という人が多いのが「目元のシミ」です。

 

目元のシミ

 

なんといっても目元のシミは人目に止まりやすいものですし、
見た目年齢を大きく引き上げてしまう(老け顔にしてしまう)大きな原因になりますから
気にしないわけにはいきませんよね。

 

でも、不思議なのは
「なぜ、シミは目元に集中して出来てしまうのか?」ということ。

 

これは、シミができるメカニズムを考えればよく分かります。

 

シミがでくる原因は、紫外線や摩擦などの刺激によってメラノサイトが反応し、
シミの元となるメラニン色素が作り出してしまうため。

 

メラニン色素

 

もちろん、私たちが生きていく上でメラニン色素はとても重要なものなのですが、
必要以上にメラニンが作られてしまうと、お肌にどんどん蓄積され
シミとなって表面に表れてきてしまうのです。

 

もともと目元は、皮膚が非常に薄い部分ですから、
目をちょっとこすったり、目元をマッサージするといったわずかな刺激でも
大きなダメージを受けてしまいます。

 

目元刺激

 

普通、お肌にできたメラニン色素は、ターンオーバーの作用によって排出されていくのですが、
常に刺激を受けやすい目元の皮膚は、ターンオーバーが間に合わずメラニン色素が残ってしまうというわけです。

 

またシミだけでなく、目元は肌が茶色っぽくくすんでしまう「糖化現象」の起こりやすいところでもあります。

 

紫外線によって肌が炎症を起こすと、それに対処するために大量の活性酸素が作られます。
糖化現象とは、この活性酸素によって肌の表面が糖化されてしまうこと。

 

これも、シミ同様にターンオーバーでの排出が間に合わずに残ってしまうため、
目元はくすみやシミが目立ってしまうのです。

 

また、目の下や頬の上あたりに「左右対称」でシミがあるという場合、
「肝斑(かんぱん)」の可能性が高いです。

 

肝斑の例

【肝斑の例】

 

肝斑は、30代から40代にかけてホルモンバランスが乱れることで発生するシミのこと。

 

肝斑を予防するためには、ストレスや睡眠、食生活などの生活習慣を改善して、
ホルモンバランスを整えることが最も重要となります。

 

すでにできてしまった肝斑には、「トラキネサム酸」が効果的です。

 

トラキネサム酸は、直接女性ホルモンに影響するものではありませんが、
メラニンを発生させるメカニズムを抑えこむ抑制することで、肝斑を解消してくれます。

 

このページの「4位」でご紹介した「サンスター ホワイトロジーエッセンス」のように
トラキネサム酸が配合された基礎化粧品を使ってケアするのも良い選択だと思います。

 

【コラム】目元のシミと「ターンオーバー」

 

目元のシミと「ターンオーバー」

 

シミに限らず、美容に関する様々な記事を読んでいると
「ターンオーバー」という言葉を目にすることは多いですよね。

 

ターンオーバーは、シミやくすみ、大人ニキビや肌のゴワツキなどを解消し、
美しい肌をキープしていくためにとても大切なはたらきを担っています。

 

では、目元のシミとターンオーバーにはどんな関連があるのでしょうか。

 

ターンオーバーってなんなの?

 

「ターンオーバー」とは「お肌の新陳代謝」のことを意味しています。
つまり、皮膚(肌)が一定の周期で生まれ変わる機能が「ターンオーバー」です。

 

ターンオーバーは、正常なお肌の場合約28日の周期でくり返されています。

 

やはりホルモン周期と関連している部分もあるでしょうし、
一般的にお肌にかかわる化粧品などの効果が表れるのには「最低4週間は必要」といわれるのも
このターンオーバーの周期を意識してのことなんですね。

 

皮膚は「表皮・真皮・皮下組織」という3つの層から出来ているのですが。
新しい皮膚細胞を作っているのは、表皮の「基底層」という部分です。

 

基底層で新しい肌細胞が作られ、それが表面にむかって押し上げられます。
新しい細胞もやがて角化してアカとなり、自然に剥がれ落ちていく…

 

この一連の流れが肌の生まれ変わりの28日周期が「ターンオーバー」です。

 

ターンオーバー

 

ただ、ひとつ注意が必要なのは、
この「28日周期」は実は20代の女性の健康な肌の場合をさしているということ。

 

お肌に様々なトラブルを抱えるような年齢になると、
ターンオーバーの周期は年齢に従って長くなっていく傾向があるといいます。

 

おおよその目安は
「自分の年齢 × 1.5〜2倍」がターンオーバーの周期。

 

つまり、35歳の場合なら53日から70日ほど、
40歳ならば60日から80日ほどが、お肌の新陳代謝に必要な期間となります。

 

あなたの周期はどれくらいですか?

 

こうして、年齢とともに肌細胞の生まれ変わりにかかる時間は長くなり、
肌のターンオーバーの周期は長くなる傾向にあります。

 

化粧品や美容液などを使ってもなかなか効果が表れにくくなるのはそのせいですし、
身近に実感することはシミがやけに濃くなったり、
ちょっとしたひっかき傷や虫に刺された痕などが長い間消えてくれない…なんていう現象ですね。

 

では、年齢につれてターンオーバーが乱れると、
お肌にはどのような影響がでてくるのでしょうか。

 

例えば、悩みの種の「目元のシミ」も、
急に増える、なかなか消えない、急に濃くなるといったトラブルを招きます。

 

これはターンオーバーの周期が長くなることによって
排出されるはずのメラニン色素がなかなか排出できなることが原因です。

 

でも、目元に出来てしまったシミもあきらめる必要はありません。

 

遺伝的な要因が強いソバカスの場合はきれいさっぱり消し去るというのは難しいようですが、
大人になってからの紫外線の影響なとで出来てしまったシミは、
美白化粧品などを上手に使っていくことで、薄くしたり目立たなくすることは充分に可能です。

 

ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、レチノール、プラセンタエキス、グリセリンなどが
配合された化粧水や美容液は保湿力が高く、ターンオーバーを活性化するのに効果があります。

 

スキンケア

 

目元のシミを消すだけでなく、お肌のハリや弾力をアップしさせ
保湿成分によってキメが整った透明感のある肌を目指すこともできます。

 

もちろん、化粧品だけでなく、日頃の紫外線対策や食事、睡眠などに気配りしていくことも大切ですね。

 

いずれにしても、対策をスタートさせるのが遅れれば遅れるほど
ターンオーバー周期が長くなり、効果を実感できるまで時間がかかったり、
効果が表れにくい心配もありますので、出来る限り早めのシミ対策を心掛けましょう。